肝臓に優れた効果をもたらすウコンについて

ミネラル成分について

Question

ウコンには、鉄分、リンやマグネシウムまでもが豊富に含まれているようですが、ミネラル類は具体的にどのように作用するのでしょうか?

Answer

「鉄分」は赤血球のひとつで酵素を運搬する「ヘモグロビン」を作る大切な役目を担っています。酸素を運ぶヘモグロビンがなければ、ほかの栄養分がどんなに十分であっても、それを燃やしてエネルギーに変えていくことはできません。
微量ではあっても、鉄分は人体に欠かすことのできないミネラルです。
鉄分が不足すると、貧血症状だけでなく、疲れやすくなったり、無気力になったり、怒りつぼくなったり、物忘れをよくするようになります。鉄分を多く含む野菜にはホウレンソウやパセリがありますが、ウコンでの含有量はそれらをはるかに凌駕しており、毎日10g程度のウコンを服用するだけで必要な鉄分が十分に補給できます。rリン」はカルシウムと結合して「リン酸カルシウム」として骨や歯を構成しており、人体には必須栄養素となっています。
カルシウムとのバランスが非常に大切です。カルシウム不足のとき、リンだけを過剰に摂取しすぎると、リンと結合したカルシウムが対外に排出されるため、ますますカルシウム不足になるということがあります。
ウコンは、カルシウムも効率よく摂取することができます。
リンはまた、核酸のDNAを構成している婁な成分でもあります。ウコンにはリンも多量に含まれています。「マグネシウム」はカルシウムの働きを補佐するための人体にとって必須成分ですが、両者はバランスよく摂取することが大切です。
マグネシウムの約6割は骨の中に含まれていて、骨と骨とをつないで、これらを円滑に動かすための軟骨組織の重要なミネラルとして位置づけられています。
そのほか、マグネシウムは神経での情報伝達に役立ったり、さまざまな酵素の働きを助ける仕事もこなしており、人体にはやはり欠かせない成分です。ウコンにはマグネシムもたっぷり含まれています。バランスのとれたミネラルを摂取したいのであれば、ウコンは最適です。

Posted in Q&A