ウコンの明かにされているリウマチへの効能

ターメリックから採れるクルクミンは、カレーに独特の黄色い色をつけるスパイスです( クルクミンとクミンはともにカレーパウダーに含まれていますが、別々のものです)。

「生命のスパイス」として知られるターメリックは、インド料理に広く用いられています。何千年もの間、ターメリックはインドの療法士によるインド式ハーブ療法で重要な役割を果たしてきました。冷蔵という保存法がなかった時代には、長期間酸素に触れると腐敗を起こす食物を保存するのに、カレーパウダーやほかのスパイス類が用いられていました。いうまでもありませんが、現在ではウコンが、強力な抗酸化物質であることが明らかになっています。

現在、ウコンはリウマチ性関節炎に効果のあるハーブに配合されています。インドでの研究で、ウコンが処方薬や店頭で入手できる関節炎治療薬と同様に、抗炎症性の強いことがわかっています。
関節炎患者に二重盲検試験を行ったところ、処方薬の非ステロイド性抗炎症薬 NSAID に匹敵する効果のあったことがわかりました。

ウコンがNSAID に勝っている点は、NSAID は胃部不快感や出血性潰癌などの症状が出ることが多いのに対し、ウコンにはこれまで副作用が報告されていない点です。

最近、アメリカがん研究所が皮膚がん、乳がん、結腸がんの治療薬としてウコンの研究を行いました。それ以前にもペンシルバニア州立大学の研究で、ウコンが乳がん腫瘍の成長を促すたんばく活性を阻害することがわかっています。ウコンは、心臓病に対してもいくつか重要な働きをします。第一に、血中コレステロール値をけつペい下げ、第二に心臓麻痔や心臓発作の原因となる血餅を防いでくれます。肝臓病の治療薬としても長年利用されてきたターメリックは、肝臓の炎症を抑え、肝臓機能を強化します。いまでも、自然療法士はよく見られる肝臓病のひとつ、C型肝炎患者に対してウコンを処方します。ウコンにはさまざまな効果がありますが、胆嚢疾患の治療薬としても利用されています。

ウコンは二日酔いに効果的であることは周知のとおりですが、リウマチ性関節炎の炎症を緩和する。抗酸化活性により、がんや心臓病を予防する働きも確認されています。