Q&A」カテゴリーアーカイブ

妊婦にガジュツがNGなのはなぜか?

Question

昔から妊婦にはガジュツがよくないと言われますがなぜでしょうか?

Answer

人体における筋組織の使われている場所のうえから分けると、「骨格筋」「平滑筋」「心筋」の3種類にわけることができます。また、構造のうえから筋組織を見てみると、横紋を持つ「横紋筋」と、それを持っていないものとに分けられます。
そしてまた、機能上からうかがうと、人の自由意志で収縮と緊張を起こすことのできる「随意筋」と人の意志では動かすことのできない「不随意筋」とに分類できます。
一般に「筋肉」と呼んでいるのは、骨格に沿って並んでいる骨格筋のことですが、これは横紋筋からできています。
この種の筋肉は細長い円柱状の筋細胞から成っていますが、機能的には自らの意志でコントロール可能な随意筋でもあります。平滑筋を構成している筋細胞は、横紋筋に比べると細くて短い形状で、横枚がありません。したがって、収縮はゆっくりで、筋肉が伸びても張力は増えず、リズミカルな収縮を行ないます。平滑筋は不随意筋ですから、自律神経に支配されています。
さて、本稿のテーマである腸管・気管・尿管のような管状の臓器は、いずれも平滑筋からできています。
そして、平滑筋はまた、勝胱や子宮などの袋状の臓器の壁も作っているので「内臓筋」とも呼ばれています。子宮には卵巣につながる卵管(輸卵管)があって、これも管状なので平滑筋からできています。
ガジュツには平滑筋を収縮させる力を活発化する働きがあって、胃腸での平滑筋の調子を良好にし、消化を促進させる働きを発揮します。ところが、この作用が子宮の収縮力に及ぶと、もし子供をはらんでいたら、流産する危険性があります。つまり、ガジュツには子宮の収縮力を促進する作用があり、みだりに服用すると流産の危険性があるため、民間伝承として昔から「妊婦にはガジュツを飲ますな」と言い伝えられてきたのです。
ちなみに、心臓壁の心筋層を構成して心臓の主成分となっている心筋は、骨格筋のような強い収縮力を発揮すると同時に、平滑筋の持久力をも兼ね備えた不随意筋でもあり、骨格筋と平滑筋の両方の長所を持っています。

国産のウコンといったら沖縄だけでしょうか?

Question

ウコンはは沖縄の特産品だとよく聞きます。また、ウコンは熱帯性植物でもあり、沖縄で栽培したものでないと薬効がないと言われたことがありますが本当でしょうか?

Answer

ウコンはもともと南アジアのインド周辺が原産地です。夏の気温が高い地方でないと薬効成分の高いウコンを得ることができません。ただし、土壌の良否もからんでくるので、ただ単に夏が暑ければいいという条件だけではウコンの薬効は期待できません。気候だけから判断すると、沖縄から奄美地方にかけて、薩摩半島の鹿児島南部から宮崎の日南海岸まで、四国では高知までが日本でのウコンの栽培適地とされています。
沖縄のウコンが優良品とされる理由は、とくに沖縄北部の土壌がサンゴや貝殻を多く含むために、カルシウムなどのミネラルを多量に含有しているからです。昨今は東南アジア各地からウコンが大量輸入されていますが、輸入品はカレー粉の原料などに利用されています。

ウコンとしょうがの違い

Question

ウコンやガジュツは根茎の形がショウガとよく似ていて、外観では区別がつきませんが、味もショウガと同じなんでしょうか。

Answer

ウコンもガジュツも料理によく使われる「ショウガ」の仲間になります。春ウコンには刺激性の強い辛みと独特の渋みがあって、かむと口の中がピリピリします。
秋ウコンには苦みと渋みが少ししかなく、ショウガの味とは異なります。
ガジュツにも苦みと渋みがあって、かむと舌がピリピリして、ショウガに近い感じの味はガジュツです。ショウガも漢方薬の一つで、これには二通りの使い方があります。やはり根を使いますが、ショウガの根茎そのままを使うものを「生萎」と言います。ショウガの根茎の皮を取り去って、蒸して乾燥させて使うものが「乾萎」です。
違いは、後者がからだを温めるのに対して、前者はからだを冷やします。生姜はおもに解熱や鎮痛に働き、あるいは吐き気を止める場合などけいれんどに用います。乾萎も生妾とほぼ同様の薬効を持ちますが、痙攣を抑えたり、また水分を体外に出す働きがあるので、その偏在・停滞を解消してくれます。

すおろしウコンの薬効と吸収をさらにアップさせる

Question

おろしウコンの薬効は?
ウコンをおろし金ですりおろして飲むと吸収力がいいと聞きました。この場合、おろしウコンだけを飲めばいいのか、汁ごと全部を飲むのか、それともガーゼ状の布で絞ってこした分の汁だけを飲めばいいのでしょうか?

Answer

沖縄では一般に、おろしウコンを汁ごとお湯に溶かして、かき混ぜて、飲んでいます。沖縄でウコンを煎じて飲む方法が主流を占めなかった理由は、すりおろして湯に溶いて飲む方式のほうがウコンから有効成分を多く取り出せることを経験的に知っていたからだと思います。
インドやバングラデシュなどの南アジアの地方では、石製のおろしを用いて、ウコンをすりおろして、食べ物に混ぜて使っていますが、ほとんどの家庭がこの調理用具を備えているそうです。
要するに、ウコンはおろしショウガみたいにすりおろして、そのまま丸ごと飲むのが最も効7率のいい使い方です。煎じたときに出てくる主要成分は水に溶ける水溶性の部分だけですが、すりおろして使えば精油成分がたっぷり取り出せるからで、煎じて飲むよりも、すりおろして飲むほうが成分がよく効いてきます。
なお、布でこすと、全部の成分が取り出せず、薬効のある精油成分がほとんど取り出せません。
おろしウコンは決してかすではなく、大切な成分が多く含まれています。成分を十分に取り出したいのであれば、むしろ粉末剤(パウダー) にするとか、錠剤( タブレット) にしたほうが精油成分を安定的に利用できるため、最近はしだいにパウダーとかタブレットに作って利用することが多くなつています。ただし、パウダーやタブレットは成分や品質がわかりづらいので、信用のあるメーカーから購入することが商品選びのポイントになります。

ウコンには本当に副作用がないの?

Question

最近は、漢方薬などのが体に優しいということから注目を集めていますが、生薬であっても、長期に飲んだり、多量に飲むと、副作用が出ると言う人もいます。ウコンは大丈夫でしょうか?

Answer

ウコンはたしかに害の少ない上薬に類する生薬で、健康な人にとっては健康食品そのものです。本サイトでも「ウコンには副作用がない」でも紹介しているとおり、副作用の心配はありません。
しかし、病人が飲むと危ない場合があります。たとえば、慢性の「腎炎」を患っている人では腎臓からカリウムが排出されないので危険まもあります、
ガジュツには子宮を収縮させる作用があるので妊娠中の女性には飲ませるな、などと昔から言われてきました。漢方薬には副作用がないと誤解されている向きもありますが、薬であるかぎり、その程度は大なり小なり必ず副作用を伴うと考えたほうがいいでしょう。
一般的に健康な人で、常識的な量を飲んでも害がないのは言うまでもありませんが、病人、妊婦さんなどは主治医と相談してから飲むべきです。副作用がないというと、大量に摂取すれば効果が大きくあらわれる…と勘違いする人がいますが、これは大きな間違いです。仮に副作用はでなくても体調を崩す場合もあり得ます。
漢方薬や安全なイメージが定着していますが、中国の古文献には薬の副作用で死を招いた記録が頻繁に出てきます。生薬といえども薬の一種ですから、誰かれなく無差別に飲ませていいものではありません。漢方薬を扱う医師であれば、ウコンの薬効をよく知っているので、病気回復のためにウコンを飲むつもりなら、ひとまず漢方薬を取り扱う医師の診察を受けたあと、適切な処方を聞いて服用すれば万全です。

病院で処方されている薬と併用しても大丈夫か?

Question

ウコンを現在、服用している病院から処方された薬と併用しても問題ないでしょうか?また、抗生剤との併用はいかがでしょうか?

Answer

ガジュツとウコンを併用する方法はよく行なわれています。また、ウコンと「イヌトウキ」、あるいはウコンと「朝鮮人参」の併用も悪くなく、その他の生薬との併用もかまいませんが、どのような薬効が出てくるかが問題ですから、必ず医師の指示に従って使用するのが原則です。

生薬をいくつか組み合わせると漢方薬になるわけですから、症状に見合ってウコンを他の生薬と併用すればいいでしょう。薬漬けの医療を解消するには、薬の使用量を最小限にとどめながら、最大限の薬効を発揮させる必要がありますが、ウコンは現代医療にたいへん大きな役割を果たしてくれそうです。
なお、併用でなくても、「抗生剤」はみだりに用いていい薬剤ではありません。抗生物質の乱用によって、今日まで多数の「抗生耐性菌」を生み出してきましたが、これがいまや医療現場では院内感染という大問題を引き起こしています。
西洋医学は細菌を退治するための薬剤として「ペニシリン」という抗生物質を作り出して難病を克服してきた反面、その乱用よって新たにペニシリンに括抗する耐性菌を作り出してしまいました。
その結果、さらにペニシリンから発展したセファロスポリン系の抗生物質が作られ、この薬がいまや世界中で大量に使用されていますが、昨今は抗生物質の効かない耐性菌が次から次へと出てきて、ペニシリン耐性菌の場合と同じく、ついにセファロスポリン系の抗生剤に対しても耐性を発揮する「メリシン耐性黄色ブドウ球菌MRSA」 などが生じています。

なお、抗生物質という言葉は、もともと共存している微生物の一方が他の微生物の発育・増殖を抑制する「相手の生に抗う」という意味に由来しています。自然界では、ある微生物が別の微生物の発育を抑制する物質を分泌する現象があって、これらを抗生物質と呼んでいたわけですが、最近では高等動物の悪性腫瘍の増進を抑制する物質にいたるまで抗生物質の範囲に含めています。

毎日飲んでも大丈夫?

Question

忙しい毎日、食事も不規則、睡眠時間もなかなか取れない…といった毎日です。ウコンで健康を維持したいと思っていますが毎日飲んでも大丈夫でしょうか?

Answer

生薬を使った症状改善の治療においては、常に「至適量」すなわち「薬が最も有効に効く量はどれくらいか」ということを考えなければならず、8gで抑えたい人に20gも与えたら、効くどころか、かえって悪くなるケースもあります。健康な人がウコンを常用する場合、大人ならこのくらい、子供ではこのくらい、と平均的な服用量の基準がありますが、念を入れるなら、患者の体重・体力・年齢を知って、個々の服用量を決めるべきです。一般的に言えば、成人での服用量は1日10g程度が目安になります。
健康体の人がウコンを常用して、とくに悪いという問題点はどこにも見当たらないので、常識を外れた量を飲まないかぎり、常用してもかまいません。
ウコンが人体に害を及ぼす例はごくまれですから、適量を常用するのであれば、胃や血行の調子は良くなっても、体調がおかしくなることはありません。
ただし、ウコンにはカリウムがふくまれていますので、「腎不全」で人工透析を必要としている腎臓病の患者さんは医師に相談の上飲むようにしなければなりません。特に腎臓が悪くないという方であれば心配いりません。

ウコンの服用は、食前がいいか食後がいいのか?

Questioon

ウコンは、食後、食前とどちらで服用するのが適切でしょうか。

Answer

ほとんどの薬類は、食物と同じに胃から生体に吸収されて効きめを現わしてきます。大まかに言えば、胃に入ったあと、小腸から門脈を経て肝臓に入り、そのあと血液系を巡って全身に効いてくる薬が大半を占めています。
したがって、薬を十分に吸収させるには、おなかのすいた食前や食間に「白湯」で飲む方法がいちばん効果的です。白湯はふつう「微温湯」とも言いますが、空腹時にちょっと温かいお湯で薬を飲むと、上部小腸から効率よく吸収されます。薬を十分に吸収させたいと思えば、胃がからっぼのときにお湯で飲めば効きすぎるほど効いてきます。
しかし、現代の西洋医学で使われている薬はそういう飲み方ができません。おなかがすいて、胃に物が何にも入っていないときに薬が入ってくると、胃の粘膜を著しく害してしまうからです。

少し乱暴な表現をすれば、風邪薬を十分に効かせたいと思えば、空腹のときに飲むのが最も効果的ですが、副作用のため胃が大きなダメージを受けてしまうため、現状は仕方なく食後に飲んでいるだけのことです。
想像するよりも薬剤の副作用はきつく、想像以上に症状がでてしまいます。

胃を害する最も顕著な薬は「消炎鎮痛剤」です。消炎鎮痛剤は人体のあちこちの痛みを抑えてくれる薬ですが、かなりの副作用があって、ときには著しく胃粘膜を損傷してしまいます。たとえば、胃を傷害するアスピリンなどの薬は食後に飲まざるを得ませんが、滑稽なことに、痛みを止めたいと思って飲んだ消炎鎮痛薬が、こんどは胃の痛みを引き起こしてしまうのです。
現代の西洋医薬品は特定成分だけを抽出して濃度を高めて使っているので、効きめが鋭く作用して、副作用の危険性がいろいろ出てくるのです。胃腸の痛みはさておき、関節が痛いとか、筋肉が痛いとか、頭痛がするとか、腰の痛みにしても、生理的に痛いという現象はどれも同じで、そうした痛みを止めるには、ほとんど消炎鎮痛剤が使われていて、アスピリンはその代表的な薬剤です。
薬の作用、副作用に関してはこちらがわかりやすいです。

一方、生薬はそのままの形で使うため、薬効として働く成分の絶対量が少なく、薬を十分に吸収させようとすれば、食前もしくは食間に白湯で飲むケースが多くなります。生薬の中にも胃を損傷する種類がなくもありませんが、その多くは胃に大きな負担をかけることはほとんどありません。
したがって、こと生薬系の胃薬に関して言えば、胃の中に食べ物が何も入っていない空腹時に飲む薬として使うことができます。ウコンやガジュツは特定の臓器に限定されず、毒性が少ないため、生体を正常化させる作用を持っていますが、これはまさしく「アダプトゲン」であり、かつ「上薬」に位置される生薬ですから、胃を損傷するどころか、むしろ胃の治療薬として、大いに健胃作用を発揮してくれます。ウコンの安全性もごらんください。

ストレスを軽減することは可能か?

Question

仕事上、ストレスが多くイライラしがちですが、ウコンはこういったストレスを軽減することは可能でしょうか?

Answer

「ストレス」のかかった心身の過労状態とは、「自律神経失調症」の一歩手前で、「交感神経」が非常に緊張している状況です。この過労がさらに進行、または悪化すると、交感神経がまいってしまいますが、だからといって「副交感神経」が高まるわけではなく、両神経ともに疲労してしまいます。
つまり、交感神経が緊張しすぎて不安定な状態が長時間続くと、副交感神経が抑えられたままの不安定な状態におちいり、両神経のバランスを狂わせ、心理的に情緒がアンバランスな状態になります。
交感神経が緊張したままの状態では、興奮した気持で一心不乱に仕事をしたり、やたら戦闘的な気分に駆き立てられます。
心が高ぶったままに無理な仕事を続けると、血圧が上がって心身ともに大きなダメージを受けてしまうのですが、こうした精神の不安が長く続くと、血圧が上がりぱっなしで高血圧が慢性化し、とつぜん「脳出血」を起こしたり、「心筋梗塞」を起こしてしまうことがよくあります。
かっかする気持のまま仕事を続けるのは、体のためには最悪で、たまにはリラックスすることが大切です。リラックスとは副交感神経が緊張した状態ですが、ときどきは交感神経の緊張を休めて、副交感神経のほうにスイッチを入れないと、消化器系での消化・吸収がうまくいかなくなります。
副交感神経を活性化させれば、交感神経の緊張は相対的に抑制する方向に働きます。人が定期的に休みを取らなくてはならない理由は、副交感神経が交感神経を抑えて自律神経を安定させるためです。
副交感神経が優位にならないと熟眠できないのも大切なポイントです。
要するに、交感神経と副交感神経とがたがいにバランスを取り合って、シーソーみたいに上がったり下がったりしているのが健全な状態です。
大きなストレスを受けて、心身ともに疲れ果て、からだが衰弱して何も食べる元気がないときであっても、1部消化管を働かせて活性化すると、副交感神経が刺激されて、自律神経の安定化につながります。

ウコンを飲むと、胆汁の分泌が克進されて、1部消化管がひとりでに活発化するため、過労時でも食欲が出てきます。消化管が活発になると、自律神経のバランスが保持され、抗ストレスに作用するという意味において、二次的に人体の自然治癒力を引き出してくれます。なお、消化管の活性化には、ウコンよりガジュツのほうが有効ですが、作用の強い弱いの差はあっても、両生薬とも胃腸管の運動を活発にしてくれます。
胃腸が活発になると、副交感神経がそれに同調して活発化されます。ウコンが神経やホルモンを直接に刺激することはないものの、消化管が働くことによって、間接的に副交感神経が活性化されます。ウコンを服用すれば、ストレスから生じるさまざまなからだの不調を緩和できる可能性があると考えられます。
ちなみに、近代医学では、交感神経と副交感神経の上がり下がりを薬品によって直接的に刺激しようとしますが、これが効きすぎると必ず副作用の問題がからんできます。神経系の治療に処しては、科学的な医薬品を使うことに慎重を期さなければをりません。

アルコールに漬けてあるウコンの成分

Question

沖縄のウコンの品質がいいことを聞き、ウコンを薄切りにして沖縄産の泡盛に漬けて晩酌がわりに飲んでいます、スライスされたウコンから十分な薬効は、期待できるでしょうか?まtた、飲み過ぎによる弊害はありませんか?

Answer

ウコンをアルコールに漬けると、油に溶ける成分が抽出されますが、アルコール漬けにする理由は、油に溶ける「精油成分」を抽出しようとする手段の一つです。
ウコンの薬効は、精油成分が多くを占めているので、薬効は十分期待できます。
泡盛(蒸留酒) はアルコールが100パーセントの成分ではなく、水分をベースにしているので、とうぜん水に溶ける成分も抽出されます。したがって、スライスしたウコンは、煎じるよりも泡盛や焼酎などに漬けたほうがいろんな成分をじっくりと取り出せます。

害になるかならないかはアルコールの分量によります。アルコールは肝臓で分解されて「アセトアルデヒド」となり、それがさらに中和されて最終的には水と炭酸ガスと水に分かれますが、遺伝的にアセトアルデヒドを分解させる酵素を多く持っている人とわずかしか持たない人とがいて、後者はアルコールを受け付けない体質ですが、日本人にはこの酵素を持たない人が比較的たくさんいます。
アルコールが体質に合わない人は、ビールを一口飲んだだけでも気分を悪くして、歩くことすらままならなくなります。したがって、下戸と言われる人が酒やビールを多量に飲むと、自分の体内で作られている分解酵素ではとうてい処理できない量のアルコールを生体内に入れることになるので、アセトアルデヒドが神経に作用して、頭痛を起こしたり、目まいで頭がくらくらして、立っていることさえ困難になります。

アルコール漬けのウコンによる害が出ることはありませんが、アセーアルデヒドを分解できずにダウンすることになるので、お酒に強くない人は、アルコール漬けのウコン酒は飲まないほうがよく、別の方法でウコンの薬効を取り入れるべきです。
リピート率の高いウコンはこちら。