Q&A」カテゴリーアーカイブ

ミネラル成分について

Question

ウコンには、鉄分、リンやマグネシウムまでもが豊富に含まれているようですが、ミネラル類は具体的にどのように作用するのでしょうか?

Answer

「鉄分」は赤血球のひとつで酵素を運搬する「ヘモグロビン」を作る大切な役目を担っています。酸素を運ぶヘモグロビンがなければ、ほかの栄養分がどんなに十分であっても、それを燃やしてエネルギーに変えていくことはできません。
微量ではあっても、鉄分は人体に欠かすことのできないミネラルです。
鉄分が不足すると、貧血症状だけでなく、疲れやすくなったり、無気力になったり、怒りつぼくなったり、物忘れをよくするようになります。鉄分を多く含む野菜にはホウレンソウやパセリがありますが、ウコンでの含有量はそれらをはるかに凌駕しており、毎日10g程度のウコンを服用するだけで必要な鉄分が十分に補給できます。rリン」はカルシウムと結合して「リン酸カルシウム」として骨や歯を構成しており、人体には必須栄養素となっています。
カルシウムとのバランスが非常に大切です。カルシウム不足のとき、リンだけを過剰に摂取しすぎると、リンと結合したカルシウムが対外に排出されるため、ますますカルシウム不足になるということがあります。
ウコンは、カルシウムも効率よく摂取することができます。
リンはまた、核酸のDNAを構成している婁な成分でもあります。ウコンにはリンも多量に含まれています。「マグネシウム」はカルシウムの働きを補佐するための人体にとって必須成分ですが、両者はバランスよく摂取することが大切です。
マグネシウムの約6割は骨の中に含まれていて、骨と骨とをつないで、これらを円滑に動かすための軟骨組織の重要なミネラルとして位置づけられています。
そのほか、マグネシウムは神経での情報伝達に役立ったり、さまざまな酵素の働きを助ける仕事もこなしており、人体にはやはり欠かせない成分です。ウコンにはマグネシムもたっぷり含まれています。バランスのとれたミネラルを摂取したいのであれば、ウコンは最適です。

ウコンでカルシウムは足りるか?

Question

カルシウムの重要性は言うまでもありませんが、ウコンを服用するだけでカルシウムを十分に摂取できるでしょうか?

Answer

「カルシウム」は人体の必須ミネラルの一つで、その99%は骨や歯の中に存在しています。そして、残りの1%程度が血液の中を巡りながら、筋肉を収縮させたり、心臓を動かすために働いています。
骨はカルシウムの貯蔵庫のような役割を果たしていて、人がどんなに年を取っても骨の新陳代謝が続いているわけですから、血液中のカルシウム濃度は常に一定に保っていなければなりません。
ところが、生体中のカルシウムが不足してくると、血液が骨の中のカルシウムを奪って、骨ががすかすかになる「骨粗鬆症」を招きます。ミネラル類はからだの外部からしか摂取できない栄養素で、なかでもカルシウムはとくに必須の成分ですが、日本人の食生活ではとくにカルシウム不足になりがちなので、注意を怠らず補給する必要があります。

ところが、カルシウムを過剰に摂取しすぎると、腎臓で溶かして体外に排出すべき物質を尿の中に溶かし出せなくなって、尿管に処理しきれないカルシウムが沈澱して「尿路結石」を引き起こすおそれが出てきます。ミネラル類は薄い水でも溶けるとはいうものの、過ぎたるは及ばざるがごとしで、カルシウムは不足しても過剰すぎても問題を生じます。
ちなみに、こちらのウコンには、とくにカルシウムがたっぷり含まれていて、日本食品分析センターの分析結果によると、カルシウム含有量の多い野菜として知られるホウレンソウの約3倍も入っています。しかし、どんな栄養素であれ、1つの食物から摂るのではなく、カルシウムもまたいろんな物を食べて幅広く摂取することが肝心です。全体のバランスの中で考えることおが大切です。

ウコンに含まれるカリウムについて

Question

ウコンには、カリウムが豊富に含まれるそうですが、血圧を下げる作用はありますか?

Answer

腎臓が正常に働いていれば、「カリウム」はたくさん摂取しても、生体に不必要な余分のカリウムは、腎臓からどんどん尿となって排出されれます。余分な塩分なども尿と一緒に排出されるため、血圧が高い人は、カリウムを積極的に摂取することで高血圧を改善することができます。
芋類は高血圧を撃退する栄養素が豊富で紹介されているとおり、芋類には、カリウムがたくさん含まれるために血圧を下げる作用がある!と紹介されています。

カリウムは、芋類、野菜や果物に多く含まれていますが、ウコンにはとくに多量に含有されています。日本人の食生活はとかくカリウム不足になりがちなので、ウコンで補給するのもいいでしょう。

ただし人工透析を行っている「腎不全」患者さんは、カリウムが尿の中に溶け出せなくなって、カリウムのままで血中に滞溜します。カリウム過剰症では「尿毒症」を生じるので、腎臓に障害のある「腎臓病」患者はカリウム過剰にならないことを気遣いながらウコンを服用しなければなりません。摂取する量に十分に注意します。ウコンを摂取する際には、事前に主治医にどのくらいの量を摂取してもいいかを聞いてから服用するようにします。腎不全の場合、カリウムを大量に摂取すると、心臓麻痺を起こして命にかかわるためです。

ウコンに含まれるセルロースについて

Question

ウコンの成分表には「セルロース」という成分が示されていますが、これが人体での消化・吸収の際にどのような作用をするのでしょうか?

Answer

「セルロース」とは植物に多量に存在している糖質の一種で、いわゆる植物細胞の表面を構成している繊維質のことで、「食物繊維」と
よく似ています。
牛は草を食べて繊維成分を自分の栄養にできる分解酵素を持っていますが、牛と違って、人にはセルロースを消化する酵素がないため、繊維類を食べても分解できずに、そのまま胃腸を素通りしてしまいます。食物繊維の摂取により、便のかさが増すというのは、こういった理由からです。
したがって、セルロースは人体のエネルギー源として役立たない成分と考えられていました。ところが、セルロースが大腸の運動を促進する役割を果たしていることがわかり、さらに繊維質がいろんな物質を吸着して体外に運び出して胃腸の掃除を行なってくれることが明らかになったため、たとえ栄養分として吸収されなくても、人体には不可欠な要素であるとして高く評価されるようになっています。

また、大腸においては、腸内細菌の働きによってセルロースの一部が分解され、これが低分子の有機酸ヒ炭酸ガスとに変化して、腸内の有害な細菌の繁殖を防ぐ働きを示していることがわかって、食物繊維はその点でも再評価されるようになりました。
要するに、食物繊維が腸内に多量に入ってくると、かさが増えて、有害な物質の発生を抑えたり、それらを吸着して排出してくれるため、成人病の発生を防ぐことにもつながります。便秘解消は、ガンをも抑制するとても大事な生活習慣であることがわかります。
最近の日本人は、大腸ガンが急増していますが、このうち便秘が原因になっている患者が多数を占めるという専門家もいます。

活性酸素を除去できるか?

Question

ウコンには、活性酸素を除去する作用があると聞きましたが、本当でしょうか?

Answer

生体が活発に動いて活動しているとき、人体では「活性酸素」(フリー・ラジカル) が急増しています。活性酸素とは、物質を酸化させる力が異常に強い酸素分子のことで、人体ではほどほどに必要とされているものの、過剰に生じると悪い方向に向かいます。
年齢が若いうちは、少々の活性酸素が出てきたところで、生体がただちにそれを消去する「抗酸化作用」を発揮してくれますが、年齢が高くなると、活性酸素をうまく処理できなくなります。
成人病や老化の原因につながる物質として活性酸素は敬遠されがちです。
慢性のリューマチや、喘息にかかったときなど、活性酸素が盛んに出てきて、生体を阻害する因子として作配している、という報告もなされています。
胃腸疾患の例では、活性酸素が出て胃腸の粘膜を損傷しているという説もあり、「胃炎」で苦しんだり、また「胃潰瘍」ができるのは、活性酸素が多量に出ているからではないかと疑われています。活性酸素が万病のもとになっている…と警告する専門家も増えています。
活性酸素はまた、細胞中の遺伝子(DNA)を傷つけることとが確認されています。

遺伝子が傷つくと、細胞を複製する段階でエラーが生じて、正常な細胞が作れなくなりますが、それがガンの発生につながる原因の一つと考えられており、活性酸素を消去すればガンの予防につながると考えれています。
活性酸素はまた、代謝作用に欠かすことのできない酵素を破壊して、その機能を失わせてしまう厄介物と見なす学説もあります。
酵素は、人体にとって欠かすことのできないもので血管内で生じる活性酸素を取り除くことさえできれば、動脈硬化の予防につながり、老化を防止できると言われます。

なお、活性酸素を除去する栄養素としては、「ビタミンE」や「ビタミンC」が有力視されていますが、ある種の生薬にも活性酸素を除去する成分が含まれていると言われ、ウコンではおもに精油成分が抗酸化作用に働きを示すと考えられています。
ビタミンEは、生体に有害な過酸化脂質の生成を防ぐと同時に、細胞膜の大切な構成成分になっているリン脂質から作り出される「プロスタグランジン」という物質を生成する手助けもしています。プロスタグランジンは、血管拡張作用を持ち、かつ「高血圧症」の予防に役立ち、動脈硬化を防ぐ効果があります。
また、ビタミンEの吸収を高めるのに、ビタミンCが関与していることがわかっており、ビタミンE とCは、常に連携しながら、動脈硬化や高血圧を防いで、人体の若々しさを保つことに働いています。

ウコンの活性酸素除去に関する作用としては、ビタミンE」や「ビタミンC」のように直接的に作用していなくても二次的に効果があるのではないかと考えれています。

ガン予防効果

Question

ウコンのガン予防効果をあちこちで目にしたり、耳にしたりしますが、実際ガンへの効果、作用はどうなのでしょうか?

Answer

ガンについては、さまざまな医学的見解、民間療法的見解がありますが、基本的にガンが誘発される原因として、一説に「発ガン二段階説」という説があります。
ガンのできる過程では、第一段階でガン化のきっかけになる「発ガン・イニシエーター」(発ガン開始要素) があり、第二段階ではガン化を促す「発ガン・プロモーター」(発ガン促進要素) が作用すると考えられています。
発ガン・イニシエーターとは、細胞がガン化に向かうような遺伝子の変成を起こさせるものです。そして、発ガン・プロモーターとは、発ガンの開始を受けた細胞をガンにまで発展させていくものです。

タバコは発ガン・プロモーターとなる物質を多く含みますが、先天的に肺ガンになりやすい体質であっても、タバコを吸わなけ
れば、発ガン・プロモーターの後押しがないためにガンにはなりにくいのです。

また、先天的にガン化の変性を受けていない細胞に対しては、多量の発ガン・プロモーターが加わったとしても、なかなかガンにはなりません。お尻からも煙が出るんではないかというほどたくさんのタバコを吸うヘビースモーカーであっても、肺ガンにならない体質の人はいくらでもいます。

全ての人がガンになんかなりたくありませんが、先天的にガン化のイニシエートを受けた細胞を生まれ持っている人は、遺伝子治療をするなどして、変性された細胞を処置すべしないかぎり、発ガン・イニシエーターを防止する術はありません。しかし、実際問題として、遺伝子治療には難しい問題がたくさん残されていて、現段階では医学界といえども安易に手をつけることができません。
したがって、ガンを予防したいのであれば、現時点では研究が発ガン・プロモーター抑制に頼ってガン化を食い止める方向に進まざるを得ないのです。

生薬の中には発ガン・プロモーター抑制を持っている植物がいくつか認められています。そのうち、最も有効な薬理作用を有していると見られている生薬がアシタバですが、またイヌトウキにも強い発ガン・プロモーター抑制が含まれていることがわかっています。
アシタバのガン抑制効果はこちらに詳しい作用が紹介されています。
そしてまた、ウコンにも発ガン・プロモーター抑制があることが証明されています。したがって、発ガン・プロモーター抑制効果を発揮すると考えられているウコンを常用すれば、ガンになりにくい体質になることは間違いありません。
しかし、ガンにかかった後からいくらウコンを飲んでも延命効果しかなく、ガンが治ることもありえません。
ウコンはガンの治療だけに使うものではなく、むしろ発ガン・プロモーター抑制として予防に用いられる生薬です。
ガンを抑制するためにウコンを使うのがもっとも効果的です。

老化防止

Question

ウコンに老化を遅らせる作用があると聞きましたが本当でしょうか?

Answer

「老化」現象は、誰にも平等にやってきます、当然、人にとって老化の到来は究極的には避けられない世界で、やむをえない人生の到達点です。
老化の過程でいちばん問題になるのは「動脈硬化」です。端的に言えば、動脈硬化とは「血液の浄化が潤滑に働かなくなった状態」です。血液の浄化がうまくいきさえすれば、血液中の脂質やコレステロールの数値を低下させることはもちろん、血小板の凝縮を抑制したり、カルシウム括抗作用によって血液の流れを良好にしてくれます。
その逆に、動脈硬化のために血液の流れが悪くなると、いろんな臓器の障害を誘発します。ある特定の臓器に障害が起こつてくるのは、動脈での血の流れが悪くなるからで、その典型的な症状が脳内で動脈硬化を起こして血流が途絶える「脳梗塞」です。脳梗塞は脳の細胞を壊死させて、しだいに「ボケ」につながり、やがて運動障害を招きます。

「動脈硬化症」と血圧の間には、一定の相関関係があって、高血圧の状態が続くと、動脈硬化が進行します。したがって、血圧を調整できれば、動脈硬化の進行も同時に防ぐことが可能です。

もし若々しさを保って生きたいのであれば、動脈硬化をなるべく少なく、かつ遅らせることが肝要です。
「人は動脈硬化とともに老いる」という言葉がありますが、動脈硬化が進行していくと、あらゆる臓器で血液障害が生じて、細胞がしだいに活性化を失い、老化への道をひたすら突き進むことになります。
いつまでも元気で長生きしたいと願えば、あらゆる方法を駆使して、動脈硬化を遅らせることに全力を傾注しなければならないでしょう。動脈硬化が進むことなく、全身の血流をきちんと保っていけば、生体上のアンバランスが生じることもなく、年老いても肉体の若々しさを発揮でき、実際の年齢より若さ溢れる体力を築くことができます。
一般的なわかりやすい言い方をすれば、血液が動脈の中をさらさらと流れていれば若さを保てるわけで、どろどろの血液では動脈硬化につながります。血流をいかにして正常に維持できるかどうかが、すべての臓器を健全に働かせるための基本的条件になります。中国医学では、ウコンは「狭心症」や「脳血栓」などといった心臓および血管系、いわゆる循環器系の疾病に効果があるとされてきました。
ウコンは、若々しさや老化を遅らせるための作用があるというわけです。

血圧をさげることができるか?

Question

ウコンは心臓病に薬効効果のある生薬と言われますが、どのような働きで心臓の健康を守っているのでしょうか。はたして、ウコンには血圧を下げる働きがあるでしょうか。

Answer

骨とともに、人体の骨格を構成している「筋肉」は、細胞内にカルシウムイオンが取り込まれることで収縮を起こします。言い換えれば、血管の壁を作っている「平滑筋」という筋肉が収縮すると、末梢血管が収縮して「血圧」を上昇させてしまいます。
血圧を下げる薬の一つに「カルシウム桔抗剤」がありますが、この薬剤には血管壁の平滑筋へのカルシウムイオンの流入を抑制する括抗作用があるため、末梢の血管を緩めて拡張させ、血管の流れを潤滑にする働きを示します。血流の循環が良好になれば、とうぜん血圧の上昇が抑えられて、血圧は下がってきます。
心臓は2個のポンプからできていて、血液は絶え間なく心臓の中を通過しています。血圧とは血液が血管内を流れるとき、血管内壁に当たる圧力のことにほかなりません。血液が左心室および右心室から出て心臓が最も縮んだ「収縮期」では動脈に血液が流れて圧力を受けるので「最高血圧」(最大血圧)を示し、動脈に圧力のかからない心臓の「拡張期」では「最低血圧」(最小血圧)を示します。最高血圧が160mmHG(水銀柱) 以上、最低血圧が95mmHG以上と高い状態であれば「高血圧症」です。最高血圧が100mmHG以上なら「低血圧症」です。血圧は体調その他のもろもろの条件によって絶えず変化しているので、異常を感じれば、1日のうち何度も測って、自分の血圧の正確な状態を知っておくことが肝要です。

ウコンにはカルシウム括抗剤と同じ作用があるため、中国では高血圧の患者に対して「血圧降下剤」として用いています。また、ウコンは心臓の血流を良好にするので、狭心症や心筋梗塞といった心臓病の予防にも働きを示します。しかも、副作用の心配がないので、安心して長期間の使用に耐えられます。一方、現代医薬品のカルシウム措抗剤も副作用が少ないため、やや安易に多用されている向きがありますが、軽い頭痛、顔のほてり、のぼせ、動惇などといった多少の副作用が出てくるのは避けられません。

コレステロールを下げる作用は?

Question

ウコンには、コレステロールを減らして血液を浄化する作用があるということを聞きましたが本当でしょか?

Answer

ウコンを服用すると、おもにその精油成分が作用して、肝臓での肝細胞が活性化されます。肝細胞の働きがよくなると、肝臓から胆汁がどんどん出てきて、いったんは胆嚢に収められて濃縮されたのち、やがて食物の消化に応じて分泌され、小腸を経て大腸を通って体外に排出されます。
この胆汁を構成する成分に「コレステロール」が多く含まれているので、胆汁としてコレステロールを体外に出していけば、人体でのコレステロール値は必然的に下がってきます。したがって、コレステロール値が高い人は、人体が消化・吸収できない植物繊維とか、コンニャクなどをウコンと併せて食べておけば、コレステロールが人体で分解できないセルロースに吸着されて、胆汁が体外へと排出される結果、血液中のコレステロール値を下げることになります。
こちらには、コレステロールを下げる食品についての紹介がありますので参考にするといいでしょう。

疲労回復の効果はあるの?

Question

少し疲れて体調が思わしくないときや倦怠感が強いときなど、ウコンを飲んで害になることはありませんか。また、ウコンを服用すれば、疲れを解消することは可能でしょうか?

Answer

疲れの原因というのは、さまざまな毒素が人体の中に滞って、「肝臓」での基本的な解毒機能が低下したり弱くなることです。疲労の原因になっている毒素をいち早く分解すれば疲れが取れるので、肝細胞の働きを活発にしてくれるウコンを服用すれば、血液の循環を良くして、毒素を分解して疲れを取り去ってくれます。
ウコンには消化器系の働きを活発にする薬効が認められていると同時に、一方では血液の流れを良好にして動脈硬化を抑制する作用もあり、「心臓」を取り巻いている冠動脈を拡張したり、また血圧を下げる働きも示します。
ウコンは、肝臓および心臓の調子を整えてくれる「肝心かなめ」の生薬ですから、これを飲んで疲れが取れることはあっても、疲労が大きくなることはありえません。したがって、からだが弱っているときにウコンを飲んでいけない理由はありません。
むしろ積極的に摂るべきでしょう。