肝臓に優れた効果をもたらすウコンについて

ガン細胞への効果・効能

ガン治療の研究は、世界で日々進んでいますが、なかでも、免疫力を利用した技術的・薬物的な集約的治療に関心が集中しています。
強い薬や放射線を使うことで、まだガンになっていない細胞まで傷つけてしまう、また死滅させてしまうこともあり、ガンは治ったけれどもひどい副作用でツライというケースが増えています。
ですから、ガンばかりでなく、すべての病気にたいして的確に効果を発し、副作用もなく、悪い細胞だけをやっつける免疫力本来の仕組みや力の解明が求められているのです。
米国でも日本でも、膨大な予算のもとに、植物性食品によるガン予防の研究が急ピッチで進められているのも、遺伝子の解明に取り組んでいる壮大なヒトゲノム解析計画もそうした理由からです。けい中国ではすでに、女性のガンのうち、子宮頸ガンの治療としてクルクモールの使用に踏み切っています。
一方、台湾でも臨床試験を含めた研究がすすめられています。
ウコンの何がこんな素晴らしい効果を示すのか、科学的な究明はまだ歩みを始めたばかりですが、ウコンとガジュツを使い、「マウスの腹水ガンにたいして、ガンの増殖を防ぐ効果が高い」という動物実験の成果が確認されています。
そして、ウコンを飲んだ人たちからは「知らないうちにガンが小さくなった」という体験談も報告されています。
統計化、標準化を必要とし、細かく分析して確実性を求めなければなりません。そうしなければ、新薬として、あるいは新技術として、人の治療に用いることができません。
どうしても時間がかかってしまいますが、ウコンという生薬の相乗的な薬理効果が、免疫力を活発にし、体全体の健康度を押し上げていることは間違いのない事実なのです。
これからは成人病を生活習慣病と呼ぶようにするそうですが、その呼び名が意味するようにガンにならないためにはまずふだんの暮らし方が問題です。

誤解をしないでほしいのですが、ウコンを飲んでいればガンにならないわけではありません。ウコンを飲むことで、ガンになりにくい体をつくったとしても、めちゃめちゃな生活をしていればそうはいきません。では、そうならない暮らし方とはーですが、それを知るためには、いつ襲ってくるか分からない現代人の死因トップであるガンがどのように発生するかと向き合わなくてはなりません。

たとえばウコンを毎日きちんと摂取して、体を整えることなどが、ガンを予防するための大切なチェックポイントとになるでしょう。

Posted in ウコンの薬効