肝臓に優れた効果をもたらすウコンについて

老化防止

Question

ウコンに老化を遅らせる作用があると聞きましたが本当でしょうか?

Answer

「老化」現象は、誰にも平等にやってきます、当然、人にとって老化の到来は究極的には避けられない世界で、やむをえない人生の到達点です。
老化の過程でいちばん問題になるのは「動脈硬化」です。端的に言えば、動脈硬化とは「血液の浄化が潤滑に働かなくなった状態」です。血液の浄化がうまくいきさえすれば、血液中の脂質やコレステロールの数値を低下させることはもちろん、血小板の凝縮を抑制したり、カルシウム括抗作用によって血液の流れを良好にしてくれます。
その逆に、動脈硬化のために血液の流れが悪くなると、いろんな臓器の障害を誘発します。ある特定の臓器に障害が起こつてくるのは、動脈での血の流れが悪くなるからで、その典型的な症状が脳内で動脈硬化を起こして血流が途絶える「脳梗塞」です。脳梗塞は脳の細胞を壊死させて、しだいに「ボケ」につながり、やがて運動障害を招きます。

「動脈硬化症」と血圧の間には、一定の相関関係があって、高血圧の状態が続くと、動脈硬化が進行します。したがって、血圧を調整できれば、動脈硬化の進行も同時に防ぐことが可能です。

もし若々しさを保って生きたいのであれば、動脈硬化をなるべく少なく、かつ遅らせることが肝要です。
「人は動脈硬化とともに老いる」という言葉がありますが、動脈硬化が進行していくと、あらゆる臓器で血液障害が生じて、細胞がしだいに活性化を失い、老化への道をひたすら突き進むことになります。
いつまでも元気で長生きしたいと願えば、あらゆる方法を駆使して、動脈硬化を遅らせることに全力を傾注しなければならないでしょう。動脈硬化が進むことなく、全身の血流をきちんと保っていけば、生体上のアンバランスが生じることもなく、年老いても肉体の若々しさを発揮でき、実際の年齢より若さ溢れる体力を築くことができます。
一般的なわかりやすい言い方をすれば、血液が動脈の中をさらさらと流れていれば若さを保てるわけで、どろどろの血液では動脈硬化につながります。血流をいかにして正常に維持できるかどうかが、すべての臓器を健全に働かせるための基本的条件になります。中国医学では、ウコンは「狭心症」や「脳血栓」などといった心臓および血管系、いわゆる循環器系の疾病に効果があるとされてきました。
ウコンは、若々しさや老化を遅らせるための作用があるというわけです。

Posted in Q&A