肝臓に優れた効果をもたらすウコンについて

活性酸素を除去できるか?

Question

ウコンには、活性酸素を除去する作用があると聞きましたが、本当でしょうか?

Answer

生体が活発に動いて活動しているとき、人体では「活性酸素」(フリー・ラジカル) が急増しています。活性酸素とは、物質を酸化させる力が異常に強い酸素分子のことで、人体ではほどほどに必要とされているものの、過剰に生じると悪い方向に向かいます。
年齢が若いうちは、少々の活性酸素が出てきたところで、生体がただちにそれを消去する「抗酸化作用」を発揮してくれますが、年齢が高くなると、活性酸素をうまく処理できなくなります。
成人病や老化の原因につながる物質として活性酸素は敬遠されがちです。
慢性のリューマチや、喘息にかかったときなど、活性酸素が盛んに出てきて、生体を阻害する因子として作配している、という報告もなされています。
胃腸疾患の例では、活性酸素が出て胃腸の粘膜を損傷しているという説もあり、「胃炎」で苦しんだり、また「胃潰瘍」ができるのは、活性酸素が多量に出ているからではないかと疑われています。活性酸素が万病のもとになっている…と警告する専門家も増えています。
活性酸素はまた、細胞中の遺伝子(DNA)を傷つけることとが確認されています。

遺伝子が傷つくと、細胞を複製する段階でエラーが生じて、正常な細胞が作れなくなりますが、それがガンの発生につながる原因の一つと考えられており、活性酸素を消去すればガンの予防につながると考えれています。
活性酸素はまた、代謝作用に欠かすことのできない酵素を破壊して、その機能を失わせてしまう厄介物と見なす学説もあります。
酵素は、人体にとって欠かすことのできないもので血管内で生じる活性酸素を取り除くことさえできれば、動脈硬化の予防につながり、老化を防止できると言われます。

なお、活性酸素を除去する栄養素としては、「ビタミンE」や「ビタミンC」が有力視されていますが、ある種の生薬にも活性酸素を除去する成分が含まれていると言われ、ウコンではおもに精油成分が抗酸化作用に働きを示すと考えられています。
ビタミンEは、生体に有害な過酸化脂質の生成を防ぐと同時に、細胞膜の大切な構成成分になっているリン脂質から作り出される「プロスタグランジン」という物質を生成する手助けもしています。プロスタグランジンは、血管拡張作用を持ち、かつ「高血圧症」の予防に役立ち、動脈硬化を防ぐ効果があります。
また、ビタミンEの吸収を高めるのに、ビタミンCが関与していることがわかっており、ビタミンE とCは、常に連携しながら、動脈硬化や高血圧を防いで、人体の若々しさを保つことに働いています。

ウコンの活性酸素除去に関する作用としては、ビタミンE」や「ビタミンC」のように直接的に作用していなくても二次的に効果があるのではないかと考えれています。

Posted in Q&A