肝臓に優れた効果をもたらすウコンについて

肝臓病に注意が必要な人と症状

こんな人は肝臓病に要注意

肝臓は強い臓器ですが、とても大切な臓器です。できるだけ不摂生をせず、いたわってあげましょう。特に肝臓病に注意が必要な人は、次にあげるような人です。

  • 戦後、結核の手術などで輸血したことがある人。
  • 東南アジアや中近東へ行き、生水・生ものを口にした人。また性的接触があった人。
  • カキなどの貝類を生のままで頻繁に食べる人。
  • 肝臓病を患っている近親者がいる人。
  • 何種類もの薬を服用している人。
  • 太っている人。
  • 偏食をしている人。
  • アルコールを、10年以上毎日飲んでいる人。

 

肝臓病の初期症状

沈黙の臓器といわれる肝臓ではありますが、耐えきれなくなるとSOSを出しますから、その信号を素早くキャッチして、早期発見・早期治療することが大切です。これはどんな病気にもいえることですが、肝臓病の場合は特に重要となります。
肝臓病の初期症状には次のようなものがありますが、風邪やそのほかの病気の場合にもみられるものが多く、まぎらわしくて、よく風邪と間違えられます。肝臓病と風邪を区別するのに重要なのは、咳(せき)です。風邪をひいた場合には咳がでますが、肝臓病では咳はでません。

  • 37℃くらいの微熱が出て、気分が悪くなる。
  • 体が疲れやすく、だるさがある。
  • 食欲がない、吐き気がする。
  • 下痢や便秘をする。
  • 尿の色が濃くなる。
  • 頭痛、腰痛がある。
  • アルコールに弱くなる
  • 好きだったお酒やたばこがまずく感じる。
  • 白目や顔が黄色っぽくなる。
  • 皮膚がかゆくなる。
  • 脇腰の右側に鈍い痛みがある。

 

進行したときの症状

初期の症状では判断できずによくわからない場合でも、肝臓病が進行してくると、特徴があらわれてきます。次のような症状が出たときには、速やかに医師の診断を受けましょう。

  • 体のだるさが増す。
  • 下痢と便秘が続く。
  • 手足がしびれる。
  • 手のひらの膨らんでいる部分が赤くなる。
  • 足がむくむ。
  • 出血しやすく、止まりにくくなる。
  • 爪が白っぽくなる。
  • 胸などに小さな赤い斑点が出る。
  • 黄疸が出る。
  • お腹の血管が浮き出てくる。
  • 男性の乳房がふくらむ。
  • 湿疹やじんましんが出て、かゆみが強くなる。

Tags: , ,

Posted in 肝臓の病気と症状