月別アーカイブ: 2012年5月

春ウコンと秋ウコンの違い

日本でウコンといえば沖縄産のものがメジャーですが、インドや台湾など海外から輸入されてくるウコンもありますので、品質の良いものを見極めたいですね。なんと、ウコンには類似種が1,000種あるともいわれているのですが、一般に普及している、日本名で『キョウオウ』と呼ばれる春ウコンと、『ウコン』と呼ばれる秋ウコンの2品種の違いについては、次のようになっています。

外見の特徴の違い

違いを見分ける上で、外見は大切です。花と葉と根茎の3つの部分を見ます。

まずは花についてです。ウコンの花の色、それは黄色です。一見、一番上についているピンクや白が花だと思われがちですが、これは花ではなく、実は葉が変形したものなのです。
ウコンは一般の草花とは違い、花軸のまわりに薄い緑色の葉が重なり合ってついていて、上から見ると鱗(うろこ)のようにも見えます。この葉は40枚くらいあって、葉のひとつひとつの中に黄色い花が包まれるようについています。
花のように見える頂上の葉がピンクっぽい色をしているのが春ウコン、白色なのが秋ウコンです。花軸については、根茎から直接、独立して出ているのが春ウコンで、一番太い茎の中央から出ているのが秋ウコンです。
そして、開花時期にも違いがあります。春ウコンはだいたい4月から5月にかけて花が咲き、秋ウコンは夏から秋の初め頃に咲きます。

葉の違いは、葉の裏側に毛が生えているか、いないかでわかります。毛が生えているのは春ウコン(キョウオウ)で、葉の裏がザラザラした感じです。逆に毛が生えていないのが秋ウコン(ウコン)で、葉の裏はツルツルしています。

次は生の根茎の違いです。外皮については、春ウコンは新鮮なうちは白っぽいまたは黄色っぽいのですが、時間が経つにつれ薄い褐色になります。秋ウコンはもともと薄い褐色をしていて、時間が経つと色が濃くなります。まれに赤みがかったものもあります。
中の色については、春ウコンは真っ黄色で、秋ウコンは橙色です。しかし、どちらにも色の濃淡はあります。また、秋ウコンの橙色は黄色ととらえられることがあるので、気をつけたいところです。

そして、最大の特徴は味の違いです。春ウコンは、強弱はありますが必ず苦味があります。いっぽう秋ウコンには、苦味はありません。

ウコンの飲み方と利用法

ウコンを薬用としてみた場合の、利用の仕方について。生のウコンの根茎、お茶の飲み方や、葉の利用方法を紹介します。

生の根茎の飲み方

生のウコンを利用するのが最も効果的です。生のウコンの根茎をどういうふうに使うのかというと、一般的には、おろしがねで擦りおろしたものを飲みます。この時、擦ったウコンをガーゼなどに包んで汁だけを飲むのではなく、全て飲むようにします。なぜなら、汁だけだとせっかくの成分の大半が失われてしまうからです。

飲み方は、お湯の中に擦りおろしたウコンを入れ、よくかき混ぜてそのまま飲めばよいです。これを食後に飲みます。
量はどれくらいかというと、一日に10グラムの生の根茎を摂取します。太さは親指ぐらい、長さは5センチぐらいの根茎で、だいたい10グラムですが、これを三等分にして、毎食後擦りおろして飲みます。会社勤めなどで昼食後に飲めない人は、二等分にして朝・夕食後の二回でも大丈夫です。

一般的にウコンをお茶として飲む場合、青い葉ではなく、根茎を使います。ショウガのような根茎そのものを薄くスライスしてよく乾燥させ、煎じたり粉末にしたりして飲みます。また、現在では手軽なウコンの粉末が市販されています。

葉の利用法

ウコンの葉は一般的に、入浴時に利用するのがよいとされています。ウコンの葉を使った薬浴です。体が温まり湯冷めもしにくく、疲労回復やリラックスに効きます。

収穫した葉を陰干しにして保存しておきます。手ぬぐいなどの布を半分に折って袋にして、10センチほどの長さに切ったウコンの葉を、その中に半分くらいまで入れて、お湯の中に入れます。色が出たらお湯から出して入浴します。
葉の量によっても違いますが、これで3回くらいは使えます。

粉砕した葉で作られた入浴用の商品もありますので、ウコンが手に入らない人はこういったものを利用するとよいでしょう。

二日酔いの予防と対策にウコン

ウコンは胆汁の分泌を促進する

二日酔いで調子が悪い時、翌朝はたっぷり水分補給し、アルコールを排出しましょう。飲みものは、肝臓の働きを高めるグレープフルーツジュースやしじみ汁がおすすめです。

二日酔いを確実に予防する方法は飲み過ぎないことですが、酒の席ではおつき合いで勧められてしまったり、そのうちに気分が良くなったりと、飲み始めるとそれが難しくなってしまうものです。そこで、二日酔いを予防する、あるいは早く解消するための方法のひとつに、肝機能を助けるサプリメントを摂取する手段があります。
肝臓の機能を助ける成分はいろいろありますが、これらのサプリメントを上手に利用しましょう。

二日酔いに効果的なサプリメントのひとつにウコンがあります。ウコンの注目すべき有効成分は『クルクミン』です。
クルクミンは、胆汁の分泌を促進する働きがあり、肝機能を強化できるので普段から摂取しておきたい成分です。また、肝臓の機能を助けてアルコールの分解を促進するので、二日酔いのときに摂りたい成分でもあります。

胆汁には、悪酔いを引き起こす物質アセトアルデヒドを排出する作用があるといわれています。アセトアルデヒドは、吐き気を起こしたり、呼吸数を増やしたりなど、アルコールよりも強い生体反応を起こす有害物質なのです。
ウコンの主成分である黄色色素のクルクミンは、胆汁の分泌を促して、肝臓全体の解毒作用を高めるといわれています。また、ウコンに含まれている精油成分にも、クルクミンよりは弱いけれど胆汁の分泌を活発にするという物質が含まれています。さらに、精油成分にはコレステロール溶解作用や健胃作用などがあります。

活性酸素を除去するクルクミン

過度の飲酒は体内に活性酸素を発生させるといわれていますが、クルクミンは体内で強い抗酸化力をもつ「テトラヒドロクルクミン」に変換されて、活性酸素を除去する効果もあることがわかっています。活性酸素を除去したあとには「ジヒドロフェルラ酸」という安全な化合物になって代謝されます。

ウコンエキスドリンク『ウコンの力』を発売しているハウス食品が何年か前に発表した研究結果では、ウコンを摂取するとアルコールやアセトアルデヒドの代謝が促進されることが示されています。
アルコールとウコンを摂取した実験では、ウコンを摂取しなかった時と比べ、血液中のアルコールとアセトアルデヒドの濃度、そして活性酸素の濃度が下がった結果が得られています。これらの効果は、ウコンに含まれるクルクミンや精油成分がもつ抗酸化作用や胆汁分泌作用などによるものと考えられています。

肝臓の疲れにはこちらのウコン

二日酔いのしくみ

アルコールは肝臓で分解され、アセトアルデヒド→酢酸→水・炭酸ガスに変化していきます。分解にかかる時間は体重や体質によっても異なりますが、アルコール10cc分(日本酒換算で3合)を処理するのにおよそ9時間かかります。飲む量が多く、しかも飲み終わる時間が遅ければ、体内に翌日もアルコールが残った状態が続き、これによって起こるのが二日酔いだといわれています。

二日酔いは、アセトアルデヒドなどの毒性、アルコールの脱水作用、エネルギーの不足、体液の酸性化、低血糖などいろいろなことが複合して引き起こされます。主な症状としては、頭痛や吐き気、めまい、体のだるさがあらわれます。

激しい頭痛は、アルコールの脱水作用によって脳の細胞に含まれている水分が減り血管が縮むために起こります。また、肝臓の処理機能を超えてしまったアルコールの摂取により、処理できなかったアルコールや有害なアセトアルデヒドが血液中に入り体内を巡るのも、頭痛や吐き気の原因です。大量のアルコールの摂取により肝臓が分解に一生懸命になると、低血糖の状態になります。ビタミンB1が大量に使われてビタミン不足にもなります。低血糖を補うためには肝臓や筋肉からグリコーゲンが使われ、体内のアミノ酸も減少します。体内の水分が減りナトリウムやカリウムの濃度が高くなって、全身が脱水状態になっています。筋肉の収縮や血圧の調整をするカルシウム、マグネシウムが不足するので、脱力感もあります。脱水状態は水分を補給することで回復させましょう。

二日酔いを防ぐには、翌日まで体内にアルコールが残らない飲み方をしましょう。例えば、朝6時に起きる人の場合だと、9時間前にあたる前日の夜9時までに3合以下の日本酒を飲むようにすればいいです。ただし、個人差があるので、これでも二日酔いになる人もいるかもしれません。そういう人は、酒量をもっと減らしたり、飲み終わる時間を早くしたり、自分で調節してみましょう。

アルコールの処理能力

アルコールは肝臓で分解される

お酒を飲んだ時、体に入ってきたアルコールはどのように処理されているのでしょうか?
体内に入ったアルコールは、まず胃と小腸で吸収されます。そして、血液中に入ったアルコールは肝臓に運ばれていきます。アルコールは肝臓に入ると、『アセトアルデヒド』という有害な物質に分解されます。アセトアルデヒドは、さらにアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きで酢酸に分解されて、最後は水と炭酸ガスになって体外に排泄されます。

血液中のアルコールは肝臓で処理されていきますが、アルコールの処理能力は、飲む人の体の大きさやその日の健康状態など、かなり個人差があります。体重60kgの人が1時間で処理できるアルコール量は6.5gほどといわれています。これは、だいたい日本酒で0.3合、ビールで1/3本、ウイスキーダブルで1/3杯に相当します。だから、日本酒1合、ビール1本、ウイスキーダブル1杯のアルコールを処理するのには約3時間かかることになります。

お酒が強い人、弱い人?

このアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きには個人差があって、日本人の4割くらいの人は、その働きが弱いといわれています。そのために有害物質アセトアルデヒドが分解されにくく、アルコールを飲むと顔が赤くなったり、頻脈になったり、頭が痛くなったりと不快な症状が起こる人がいるのです。このように不快な症状があらわれる人は、体が受け付けないので、それ以上お酒を飲むことができません。しかし、ALDHの働きが活発なアルコールに強い人だと不快な症状があらわれないので、つい、どんどん飲酒量が増えてしまいます。ALDHはその間もアセトアルデヒドを分解するために一生懸命働いているので、肝臓が酷使され、疲れきってしまうのです。

ALDHには、アセトアルデヒドが高濃度にならないと働かないALDH1と、低濃度でも働くALDH2があります。このALDH2を多く持っているかどうかで、お酒に強いか弱いかが決まります。これは遺伝的なものなので、お酒に強い人、弱い人というのは、生まれつき持った体質ということになります。

お酒に強い人ほど飲み過ぎに注意しよう!

肝臓には、アルコールの分解のほかにも、栄養素の代謝、消化酵素・ホルモンの製造などといった、体の健康を維持するための重要な働きがありますので、アルコールの分解だけにかかわっていると、ほかの重要な働きに影響を及ぼします。

長い期間に渡ってお酒を飲みすぎていると、中性脂肪が増え、脂肪肝のリスクが高くなります。また、肝臓への負担が肝繊維症やアルコール性肝炎、さらに肝硬変、肝ガンを引き起こすこともあります。また膵臓(すいぞう)への影響もあります。急性膵炎は肝臓の強い人がお酒を飲みすぎることによって起こることもあり、糖尿病と合併することの多い慢性膵炎では患者の50%以上がアルコール性だといわれています。

アルコール性肝障害

アルコール性肝障害とは

アルコールにより引き起こされる肝臓疾患のことをいい、アルコール性脂肪肝、アルコール性肝炎、アルコール性肝硬変、肝細胞ガンに進行します。大量のアルコールを摂取することで肝臓の細胞が変化してしまい、働きが衰えていくのです。

アルコールの過剰摂取でまず起こるのはアルコール性脂肪肝です。これは、肝臓がアルコールの処理を優先して脂肪の代謝を後回しにするために、代謝されない脂肪が肝細胞にたまる状態です。そのまま大量に飲酒を続けると、アルコール性肝炎が起こります。
アルコール性肝炎のなかには、肝性脳症(かんせいのうしょう)、急性腎不全、消化管出血などの合併症を伴い、1カ月以内で死亡に至る重症型のアルコール性肝炎もあります。重症化しない場合でも長期に大量飲酒を続けると、細胞が活性化して線維が増殖した状態のアルコール性肝線維症(かんせんいしょう)を経て、アルコール性肝硬変になることがあります。肝硬変では文字どおり肝臓が硬くなり、肝機能の低下が進みます。また、ウイルス性肝炎を合併している場合には肝硬変に進行するのが速く、肝細胞ガンを合併しやすいため注意が必要です。

飲酒の機会は比較的男性に多いでしょうが、同じ量を長期に渡り飲酒すると女性のほうが早く肝障害があらわれることがわかっています。

何が原因?

アルコール性肝障害の原因は慢性的な大量の飲酒です。これが肝臓に障害を引き起こすことは昔からよく知られていますが、実際には、どの程度飲酒すると危険なのでしょう。

日本では1日平均150g以上のアルコールを飲む人を大酒家(たいしゅか=おおざけ飲みのこと)と呼びますが、この量はお酒に換算すると、日本酒で約5合、ビール(大ビン)で約5本、ウイスキー(ダブル)で約5杯になります。
アルコールの分解能力は人によって違うので、適量がどれくらいかというのは具体的にはいえませんが、日本酒にして1日5合以上を毎日10年間飲み続けた大酒家は、5人に1人は肝硬変になるといわれています。
日本酒1合に含まれるアルコール量は約28gです。なお、厚生労働省の『健康日本21』運動では、節度ある適度な飲酒として、純アルコール量は1日平均約20g程度とされています。

どんな症状?

アルコール性脂肪肝は日本酒換算で5合程度を5週間ほど続けただけで引き起こされるので、大量飲酒者のほとんどに認められますが、通常は無症状です。1日に3合以上の飲酒を続けると、およそ2割の人がやがてアルコール性肝炎を発症し、発熱、食欲不振、黄疸(おうだん)、腹痛、嘔吐(おうと)、下痢などの症状があります。
さらに症状が進んでアルコール性肝硬変に至ると、黄疸のほか、下肢のむくみ、腹水、出血や吐血などの症状があらわれるようになります。

お酒が好きで普段よく飲んでいるという人は、定期的に検査を受けるのがおすすめです。
断酒できることが理想ですが、どうしてもやめられないという人は、できるだけ肝臓に負担をかけないようにお酒を上手に飲むようにしましょう。

ウイルス肝炎について

『ウイルス肝炎』とは、肝炎ウイルスが原因となる肝臓の炎症性疾患のことをいいます。肝炎の原因にはアルコールの飲み過ぎや肥満、薬剤によるもの、肝炎ウイルスがあげられますが、日本ではウイルス性による肝炎が80%を占めるといわれています。日本人に多いのは、A型、B型、C型といわれるウイルス性肝炎です。それぞれの肝炎については次のようになります。

A型肝炎

A型肝炎ウイルスは生水や生ものを口にすることによって、口から侵入します(経口感染)。またそれ以外には性行為でも感染の可能性があります。東南アジアなど衛生環境のあまり良くない地域へ旅行する人は注意が必要です。A型肝炎ワクチンの接種を行うことでA型肝炎を予防することもできます。日本での感染源はカキなどの二枚貝類を生や加熱不十分の状態で食べること。潜伏期間は長くて1ヶ月半くらいですから感染の目安になります。

成人が感染すると黄疸が出ることが多く、発熱、倦怠感、腹痛、下痢、吐き気、嘔吐といった症状があります。一般に、子供では軽症で済み高齢者ほど重症になりやすいですが、2ヶ月ほどで肝機能が回復します。A型肝炎の多くは一過性の急性肝炎症状で終わり、強い免疫が働いて次にかかることはありません。慢性化することもほとんど無いといわれています。

 

B型肝炎

B型肝炎ウイルスは血液や性行為を介して感染します。感染経路は主に、出生時の母親からの感染による母子感染(垂直感染)と、性行為や輸血、針刺し事故などによる感染(水平感染)です。しかし、現在の日本では厳しい検査が行われているため、輸血による感染はほとんど起きていません。また、成人後の水平感染の多くは一過性であることが多いです。

日本には150~200万人のB型肝炎ウイルス保有者がいるとみられていて、持続感染者(キャリア)と呼ばれています。免疫能力がまだじゅうぶんに発達していない幼児のうちに感染するとウイルスを撃退することができずに、見た目にはわかりませんがキャリアは何年もにわたり体内にウイルスを保持しているのです。ただ、キャリアの全ての人が発症するのではなく10%くらいが肝炎発症となりますが、発症してもそのうちの90%くらいは自然治癒し、慢性肝疾患になるのは、残りの10%くらいのキャリアだといわれています。

B型肝炎ウイルスに感染した場合、その多くは無症状のまま経過するのですが、20~30%の人が急性肝炎を発症し、肝硬変や肝ガンに進行することもあります。そして、1~2%が劇症肝炎化します。劇症肝炎では急激に肝細胞全体にわたって障害が起こり、肝臓の機能低下による意識障害も起こります。劇症肝炎には有効と思われる内科的治療法がほとんど無く、発症すると合併症なども起こり、救命率の低い恐ろしい肝炎です。

 

C型肝炎

C型肝炎ウイルスは血液を介して感染します。ウイルスに感染している人の血液が他の人の血液の中に入ることで感染しますが、日本の感染者の多くは、C型肝炎ウイルスが発見される前の輸血や血液製剤、注射針が使い捨てになる前の注射器の使い回しなどで感染したものと考えられています。現在では、刺青やボディーピアス、覚せい剤の回し打ちなどが問題になります。持続感染者(キャリア)の数は、B型肝炎ウイルスと同じく200万人くらいいるとみられ、何年も経過してから慢性肝炎として発見されることもあります。

軽い症状のまま経過することもありますが、70%くらいの人は慢性肝炎になります。状態が持続すると肝硬変、さらに肝ガンに移行するといわれています。肝硬変は、長期間の肝臓の炎症で細胞が壊れたり減少してしまい、それを補うように線維成分が増加し、肝臓が硬くなってしまう状態をいいます。そして肝硬変になると、肝ガンになりやすく、食道静脈瘤の破裂など重大な合併症を引き起こしやすくもなります。

肝臓病の主な症状と特徴

肝臓病は、風邪と似たような初期症状から始まり、肝炎を繰り返しておこすと肝硬変になったり、肝臓の不全から急死してしまうこともある病気です。次のような、特徴のある症状が出てきます。

黄疸(おうだん)

ウイルスが体に侵入することによって、たとえば、熱が出たり、体がだるかったり、食欲がなかったりという症状が一週間くらい続くと黄疸(おうだん)になります。黄疸とは、ビリルビンという物質が体内に過剰にあることで眼球や皮膚といった組織や体液が黄色く染まる状態のことですが、肝臓病と関係があるものと無いものがあるので注意しましょう。

  • 溶血性黄疸…溶血性貧血(赤血球が破壊されることで起こる貧血)の場合
  • 肝細胞性黄疸…肝硬変、肝炎の場合
  • 閉塞性黄疸…胆石などにより胆管が塞がれた場合
  • 体質性黄疸…生まれつきのものなので肝臓には特に影響ありませんが、心配なら受診しましょう。

手掌紅班(しゅしょうこうはん)

手掌紅班とは、手のひらが赤くなることです。慢性肝炎の人の40パーセントくらいの人は手のひらが赤くなることがありますが、手のひらといっても全体ではありません。親指や小指のつけ根の周囲の膨らんでいる部分と指の先端に限定されています。妊婦さんの手のひらが赤くなることがありますが、これは女性ホルモンが増加して血管が拡張するからです。

クモ状血管腫

皮膚上に出る赤い斑点のことで、慢性肝炎や肝硬変にみられる症状です。クモが足を広げているように見えることからクモ状血管腫と呼ばれていますが、これは肝臓が悪くなりホルモンのバランスが乱れることによるもので、肝機能が回復してくると斑点の色が薄くなるといわれています。斑点の大きさはだいたい2~3センチメートルくらいで、胸や首、肩、腕などの部位に出現します。

乳房の女性化

肝硬変などでホルモンのバランスが崩れると、男性が女性のように乳房が大きくなることがあります。また、痛みを伴います。ただ、肝臓病の男性の全ての人に起こるわけではありません。

こむら返り

慢性肝炎の症状のひとつとして、こむら返りが起こることがあります。ふくらはぎがつっぱったり、こわばったりして痛くなります。こむら返りは肝臓などに病気がない人でも起こりますが、体内のカルシウムが減少すると筋肉がけいれんを起こしやすくなるので、食事でカルシウムを多く含む食品をバランス良く摂るようにしましょう。

ほかにも、メラニン色素が沈着して皮膚が黒ずんできたり、肝機能が低下することで、出血が止まりにくくなったり、アルコールに弱くなったりもします。肝機能が回復すると、症状の多くは改善されます。